転売 フリル ラクマ

ラクマとフリルの売上を効率よく出金する方法

投稿日:

最近ラクマ、フリルについて質問や相談されることが増えてきました。
ラクマ、フリルの売上が徐々に伸びてきているということですね。

初心者の方の質問でもっとも多い質問は、売上金を出金する際の銀行口座問題。

「出金する際に銀行口座は複数必要ですか?」

という質問です。

今日は、このラクマ、フリルの売上を効率よく出金する方法をご案内していきます。
ラクマ、フリル転売の初心者の方、必見です。

スポンサーリンク

メルカリとラクマ・フリルの違い

メルカリとラクマ、フリルの違いは、ユーザー数や出品方法など違いはたくさんありますが、ここで一番重要になるのが、「手数料」です。

メルカリは1販売毎に10%の手数料ですが、ラクマ、フリルは手数料0円です。

出金の際にこの手数料0円が重要なポイントです。

この「手数料0円」を利用して、銀行口座をひとつだけ利用して効率よく出金していきます。

ただし、出金の際に売上金が10,000円未満の場合は出金手数料がかかるので注意してください。

ラクマ・・・10,000円未満216円・10,000円以上0円
フリル・・・10,000円未満210円・10,000円以上0円

ラクマ・フリルの出金方法

この手法は、複数アカウントを運用している前提です。
複数アカウントの場合、アカウント毎に出金申請すると、アカウント数と同じ数だけ銀行口座が必要になります。
銀行口座を複数開設することは、可能とえいば可能ですが、開設も管理も面倒ですよね。

そこで、先ほどの「手数料0円」を利用して売上金をひとつにまとめていきます。

売上金をひとつにまとめる

出金する際に準備するものは、下記の2つだけです。

・出金用のアカウント1つ
・銀行口座1つ

ここで、準備した出金用のアカウントで、各アカウントの売上金をの金額分の専用出品を行います。

例えば、アカウント(A)売上金が12,345円の場合は、出金用アカウント(B)で価格が12,345円の専用をひとつ出品します。
その専用出品した商品を、アカウント(A)で購入します。

そして、出金用アカウント(B)で発送通知をして、アカウント(A)で受取評価をします。
そうすると、手数料もかからずに、出金用アカウント(B)に、アカウント(A)の売上金が移動します。

これをアカウントの数だけ繰り返していきます。
最後に、、出金用アカウント(B)で、出金して終了です。

この手法で、出金をすることで、銀行口座ひとつで効率よく出金することが可能です。

注意点

購入から受取評価までを、短時間で繰り返すと、アカウントが無期限の利用制限となります。
その為、購入から受取評価は、通常の日数(1~3日程度)で行ってください。

アカウントが無期限の利用制限となっても、出金はできますが、アカウントを再度用意しなければなりません。
せっかく、効率よく出金したのに、アカウントが利用制限となっては、無駄に手間がかかるので、注意してくだだい。

まとめ

安易に思いつく方法なので、今後は運営側が対策してくる可能性は充分考えられます。
しかし、現在はこの方法で問題なく出金できるので、効率よく出金していきましょう。
銀行口座をひとつにまとめることによって、売上金の管理もラクになりなすよ!

ラクマで売上金1000円未満を出金する方法

今日、過去にメルカリ、フリル、ラクマと検証用として運用していて利用停止になったアカウントを整理しました。 売上金が少額残っていて、出金しないといけないと思っていましたが、面倒で少し放置していましたが、 ...

続きを見る

Ryuponをフォローする

●LINE@毎日配信中
https://line.me/R/ti/p/%40gsa1331f
●Facebook限定情報配信中
https://www.facebook.com/ryupon.official/
●Twitterネットニュースを中心に配信中
https://twitter.com/woo_R2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-転売, フリル, ラクマ

Copyright© Ryupon.com , 2018 AllRights Reserved.