メルカリ 転売 面白ネタ

メルカリ転売セミナーに潜入して怒られた話

投稿日:

前回の大阪出張の際に、メルカリ転売セミナーに潜入してきました。

セミナーに参加することになったのは、コンサルをさせて頂いている個人事業主のAさんが、「最新のメルカリ転売の話を聞けるらしいから一緒に行って、使えるノウハウか判断してほしい。」とお話を頂きました。

僕の個人的な意見ですが、この手のセミナーに参加する時間は無駄だと思っています。
教材の押し売りとか、ツール購入を強要されたり・・・

人脈作りに参加するという話も聞きますが、果たしてこの手のセミナー開催者と人脈を作ってメリットがあった試しがありません。

よくある、押し売りセミナーだと勝手に確信しつつ、メルカリ転売セミナーに潜入してきました。

スポンサーリンク

メルカリ転売セミナーの実態

まず、セミナーの内容を予め聞いていて、セミナー案内のサイトも全てチェックししました。
僕は事前情報で、押し売り(詐欺まがい)と確信しており、普段なら参加することはあり得ませんが、セミナーの実態を暴露することで少しでも、この手のセミナーで被害に合う人が減ることを願って潜入しました。

なぜ、事前情報で押し売り(詐欺まがい)と確信したかというと、セミナー案内のサイトにて、参加するのにメルマガ登録が必須でした。
これは、リスト(メールアドレス)を収集して、ステップメールを送る為です。

メルマガを捨てアドで登録したら、予想通りステップメールが届きます。

「最新のメルカリ転売!1日たった10分の作業で月収100万円でセミリタイア生活」こんな感じの内容が送られてきます。
もう、この手法にはうんざりですが、潜入する為に、一字一句読みました。

セミナーに参加すれば、ノウハウが手に入ると、壮大なストーリーのもと、この謎のノウハウを持ち上げるメールが合計5通届きました。
そして、セミナー3日前、と前日にドタキャンしたら、キャンセル料取りますよ的なメールが届きました。

潜入する気満々なので、このあたりはスルーして、当日を迎えます。

メルカリ転売セミナー概要

開催場所:大阪(梅田)の貸会議室
参加人数:15名(僕とAさん含む)男性9名/女性6名

講師:1名(男性)
補助:1名(男性)

配布物:進行表
所用時間:2時間

名古屋、東京でも別日に開催しているようですが、参加人数が確保できたら開催するのでしょう。
今回、大阪は定員に達したので開催したのかなという印象です。

会場となる、貸会議室の前に着いて、「本当に稼げるノウハウを持っていて稼いでいるなら、こんなボロいビルの貸会議室でセミナーを開催しないよ。」と思ったのが最初の感想です。

お世辞でもキレイとは言えないエレベーターにAさんと乗り込み、貸会議室へ向かいました。
エレベータを降りると補助の方が、受付をしており、名前を伝え会場内に潜入しました。

事前に届いたメールからセミナーの要点をまとめておきます。

・1日10分しか作業がない
・梱包や発送の作業がない
・最短1ヶ月で月収100万円稼げる
・自分の代わりに人工知能が仕入を行う
・メルカリで今稼げるのは、このノウハウしかない
・セミナー講師(開催者)は元ビル清掃員(月収17万円)
・セミナー講師(開催者)はセミリタイアしている
・ノウハウを応用してAmazonも攻略できる

この内容だけ見ると、素晴らしいノウハウですね。
あり得ませんが、セミナー講師(開催者)は、このノウハウで稼いでいるそうです。
本当なら驚きですが、どれを取っても疑いたくなる内容です。

ここまでくると、どんな内容なのか、早く聞いてみたい気持ちでいっぱいです。

メルカリ転売セミナー開始

講師の方が、登場しました。
よれよれのスーツに、ボロボロの革靴・・・
稼いでいてもファッションには、あまり気をつかわない方なんでしょうか。

そんなことを思いながら、話を聞いていきます。

セミナー内容の要点をまとめます。

・自動出品ツールを利用して複数アカウントを持つ
・梱包、発送は外注へ依頼
・最短1ヶ月で100万円稼ぐ為には、50万円の教材購入が必須
・人口知能ではなく外注へリサーチ依頼
・このノウハウを考案したのは、セミナー講師(開催者)
・元ビル清掃員から今は、億万長者になっている
・セミリタイアしていて、仕事はほぼしていない
・Amazonに応用できるという話は出てこない
・セミナー参加者には、1アカウント分のツールが無料(3ヶ月)

ここまでの内容で、1時間の熱弁をして頂きました。

メルカリ転売を少しでも実践している人からすると時間の無駄でしかありません。

既に、メルカリ実践者は、当たり前に知っている話で、もう少し深く突っ込んだノウハウを知りたいはずです。

質問攻めをしてみる

Ryupon
自動出品ツールを利用して複数アカウントを運用する場合、どのツールを利用して何アカウント必要ですか?
講師
ネットではたくさんのツールがありますので、どれを使っても構いませんし、アカウントは最低10個運用してください。
Ryupon
複数アカウントの話の中で、フリル、ラクマなど他のフリマアプリの話が出てきませんが、販路を広げる必要はありませんか?
講師
フリル、ラクマは売れませんので、販路は広げる必要はありません。
Ryupon
1アカウントあたりの出品数、出品間隔についてはどのようにお考えですか?
講師
15分置きに可能な限り出品してください。
Ryupon
梱包、発送は外注へ依頼とありますが、具体的に紹介していただけるのですか?
講師
在宅ワーカーを募集するサイトをご紹介します。
Ryupon
外注へ依頼した場合は、日々の依頼方法など、仕組化されていますか?また、仕組化しているのであれば、教えてもらえますか?
講師
仕組化は、個別に独自の方法を確立してください。
Ryupon
50万円の教材は、どのような内容ですか?
購入してからしか、中身がわからないのであれば、高額な料金は支払えません。
具体的なノウハウが掲載されているのでしょうか?
講師
具体的なノウハウを掲載していますが、購入頂けなければ詳細をお教えできません。
Ryupon
人口知能とメールでは、大々的に記載されていましたが、外注にリサーチを依頼することは、人口知能ではないと思いますが、どのようにお考えですか?
講師
人口知能です。外注の方に、カテゴリや商品単価を伝えることによって、外注の方が、あなたに変わって学習してリサーチします。
Ryupon
リサーチを依頼する場合、具体的にメルカリで売れるものをリサーチすると思うのですが、どのよな媒体からリサーチするのですか?
講師
教材に掲載しています。
Ryupon
話の中に億万長者という話がありましたが、仮に年収1億円として、メルカリで年収1億円稼ぐ為の予算はいくら必要ですか?
講師
当社の機密事項なので、お伝えできません。
Ryupon
セミリタイアしていて、仕事をほぼしていないということですが、外注の管理や出金はどのようにされていますか?
講師
当社の機密事項なので、お伝えできません。
Ryupon
Amazonに応用できるとメールでありましたが、具体的にどのように応用できますか?
講師
リサーチ方法や、梱包、発送の外注化を応用できます。
Ryupon
セミナー参加者には、1アカウント分のツールが3ヶ月無料とありましたが、独自ツールですか?
講師
違います。
Ryupon
このノウハウを考案されたということですが、具体的な内容がなくネットでも調べることができるレベルですが、いつからメルカリ転売を実践していますか?
講師
2年前からメルカリ転売を行っています。今日お話した内容は、ネットで調べることができない内容ばかりです。

さらに、質問攻めをしてみる

Ryupon
昨年のメルカリショック以降、使えるツールは限られていますが、どれでも構わないのですか?

講師
どれでも構いません。

※実際は、メルポンvip、独立型ラクマの2つしか今のところ正常に稼働していません。

Ryupon
最低10個のアカウントであれば、1日最大150品しか出品できないと思いますし、15分置きに出品したらすぐに、圏外飛ばしになりますが、どう対策しますか?
講師
圏外飛ばしとは、なんですか?
出品はできますよ。
Ryupon
私は、フリル、ラクマでも出品していますが、メルカリの30%程度の売上がありますが、その30%を捨てるということですか?
講師
出品したければ、出品すればいいと思います。
Ryupon
在宅ワーカーを募集するサイトは、クラウドワークスやランサーズなどですか?
募集過多でワーカーさんが中々見つからないのですが、どのように募集したらいいのですか?
講師
単価を上げてください。
Ryupon
今までのお話を聞いて、50万円の教材に具体的なノウハウが掲載されていると思えないのですが、購入後にクーリングオフは可能ですか?
講師
お帰りください。
Ryupon
え?
講師
お帰りください。
Ryupon
なぜですか?具体的な質問をしているだけですが。
講師
迷惑なのでお帰りください。

質問攻めした結果、強制退出させられました。

こんな間違ったノウハウをセミナーまで開催して、情報弱者を食い物にしようとすることに腹が立ち、意地悪な質問をしましたが、質問した内容は間違っていません。
本当に稼ぎたい人は、薄っぺらい情報なんて求めていません。

Aさんと退出した後に、やっぱりセミナーには参加するもんじゃないという結論に至りました。

まとめ

この手のセミナーが、今回のような質の悪いセミナーばかりではありません。
しかし、こういったセミナーが多数開催されているということを認識しておかなければなりません。

無料で参加できるセミナーは、「タダより高いものはない」ということです。
セミナーに参加する時間があるのなら、自身で検証を重ねる方が有意義な時間を過ごすことができます。

セミナーもそうですが、世の中のうまい話には裏があるので、注意しましょう。

Ryuponをフォローする

●LINE@毎日配信中
https://line.me/R/ti/p/%40gsa1331f
●Facebook限定情報配信中
https://www.facebook.com/ryupon.official/
●Twitterネットニュースを中心に配信中
https://twitter.com/woo_R2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-メルカリ, 転売, 面白ネタ

Copyright© Ryupon.com , 2018 AllRights Reserved.